葺き替え工事


工事前状況

状況:経年劣化による土埃の堆積が見られ、下地の劣化等により雨漏りが発生していました。苔による材料の浸食も見られ、軒天井部分にも雨染みが多数見られました。

 

ご提案:スレート瓦の対応年数から再利用は難しいと考え、軽量化も含め金属瓦にて葺き替えをご提案させて頂きました。


解体状況

下葺き材の劣化が酷く、断熱材が雨水を吸収している状況でした。


下地状況

雨水の侵入が長期にわたり、野地の腐食も進んでしました。

 

本来は下地補強の予定でしたが、野地の張替え工事も行う事になりました。


下地工事

腐食した野地を解体し、合板により新しい野地を作って行きます。

 

野地の工事が完了後、新しい下葺き材を施工して行きます。

下地工事状況

金属瓦工事

金属瓦本体を釘止めしながら葺き上げて行きます。雪止め金具も同時に設置して行きます。

 

本体つなぎ目にジョイントを入れる事により排水性が高まり、また遮熱塗装ににより暑さの軽減も期待できます。

 

本体ジョイント施工
本体ジョイント

工事完了状況

雨樋交換を行い、タッチアップ、清掃を行い工事完了となります。

 

高い排水性と袖部分の意匠性が本材料の魅力です。

 

雨樋交換に付きましては、納まり上必要な場合がございますので、お問い合わせ下さい。

 

袖部仕上がり
袖部分の意匠性