瓦棒板金屋根 カバー工法


工事前状況

状況:経年劣化による腐食と、度重なる塗装により雨水が内部にまわり、腐食を起こしていました。

 

ご提案:下地劣化ヶ所は少なく、屋根勾配の問題もありましたので、長期的なメンテナンスコストを考慮し、ガルバリウム鋼板にてカバー工法をご提案させて頂きました。


解体状況

既存の棟板金、瓦棒の合羽板金を解体して行きます。

経年劣化による腐食や土埃の堆積が多い事が確認できます。

このような状態で塗装を繰り返し行いますと、雨漏りの原因になる事があります。


下地施工状況

腐食部分を解体し、新しい材木に交換して行きます。

勾配が緩い軒先は雨水が回りやすい箇所になりますので、防腐処理済みの材木を使用します。


鋼板施工状況

既存の屋根の上にガルバリウム鋼板を重ね、カバーして行きます。

壁や棟まわりの下地工事も行って行きます。

壁や棟まわりには土埃等が溜まりやすいので、板金面戸を取り付けて行きます。

面戸取り付け
板金面戸取り付け状況

工事完了状況

清掃、タッチアップ、止め釘の確認等を行い、工事完了となります。