その他 · 2019/05/01
今日から令和元年、株式会社 杉本商事は変わらず地域のお住まいを守って行きますで、どうぞ宜しくお願い致します! 弊社も掲載して頂いている坂戸市発行の『広報さかど』に「木造住宅の耐震診断・耐震改修補助制度」や「店舗・住宅リフォーム補助制度」等の住宅に関する補助金の記載が出ています。また、「市民相談」の予定等にも住宅に関する記載がありますのでご活用下さい。各市区町村でこのような取り組みを行っており、適用条件等は様々ですが、お住まいの改修等でお困りの場合は一度お問い合わせ頂き、ご活用頂ければと思います。(^^)/
その他 · 2019/04/30
本日で平成最後!あいにくの雨と曇天。雨が止めば今度は強風、なかなか思うように工事が進みませんが、安全第一、お天気商売な所もありますので仕方ありません。「平成」の間多くのお客様の屋根の修理や点検に伺いましたが、「令和」の時代になっても真っ直ぐに地域の皆様の屋根に向き合っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!m(__)m
その他 · 2019/04/10
事前の告知をする事が出来ませんでしたが、6日(土)、7日(日)と西武瓦工事業組合の継続事業となります、『所沢市民文化フェア』に参加させて頂きました。今年は桜が開花してからの気温が低かったおかげで、当日も満開の絶好のお花見日和でした! 小さいお子様にはヨーヨー釣りや瓦の塗り絵、販売としては瓦のコースター等を販売させて頂きました。2日間天気にも恵まれ、例年よりも来場されている方も多いように感じました。勿論「瓦の上を歩いてみよう」もご好評頂き、足を止めて近くで瓦を見て頂ける方も。こういったイベントを通し、瓦や屋根に少しでも興味を持って頂けるようにこれからも組合員一同頑張っていきたいと思います。m(__)m
その他 · 2019/04/03
埼玉県から『埼玉県経営革新計画承認企業』としての承認を頂きました。「経営革新計画」というと会社経営の健全化!のように大げさなイメージですが、弊社がこの計画に取り組もうと考えたのは「どのように一般の方に屋根の事を知ってもらえばよいか」という事を自己満足で終わらせず客観的な視点から考える必要があると思ったからです。 取り組み内容といしては、先ずは『屋根の見えない分からない』を第一に解決させて頂く為、瓦屋根診断技士という資格を活かし、屋根点検報告書や写真等を元にお客様自身の目でお住まいの屋根を知っていただく事。次に「屋根屋さん」という職業を知って頂く為、産業まつり等地域のイベントに参加させて頂き展示などを行い、屋根を知って頂く事です。他にも細かい所を挙げれば沢山あるのですが、簡単に言えば「もっと屋根をそして瓦を身近に感じてもらう取り組み」になるかと思います。 弊社の屋根に対する取り組みが『経営革新計画』として『埼玉県』に無事承認して頂く事ができましたので、より一層の責任を持ち『地域の屋根工事』にあたらせて頂ければと思います。
屋根工事 · 2019/03/22
本日は風災により飛散してしまったテラス屋根の交換工事を行わせて頂きました。施工前の屋根は塩ビ素材なので経年による劣化が激しい状態でしたが、新しい屋根材はポリカーボネート素材なのでとても丈夫です。機動隊の方が持っている透明な盾等が同素材かと思います。よく止付けフックだけ折れて無くなってしまっているのを見かけますが、弊社施工の場合は止付けフックも同素材で施工させて頂きますので、耐久性もバッチリです(^^)/
屋根工事 · 2019/03/11
東日本大震災から今日で8年になります。『瓦屋根の安心と信頼』を失ってからもう8年。組合活動、会社組織としてのPR、さまざまな活動を通し風評被害などで生まれた誤解をどこまで解く事ができたでしょうか?実際被災された方のお話を聞くと確かに『瓦は危ない』と受け取られても致し方ない所もあるかと思います。実際このきっかけがなければ自分も根拠のない安全を信じ施工し続けていたかもしれません。しかし何かあったとき施工上の諸事情が原因であるにも関わらず、『瓦が悪い』とされてしまう事がとても残念です。現在の施工法は地震に強いし、瓦の重さは家の耐震性には大きな影響は無い。陶器瓦や金属瓦、それぞれに長所と短所があり、もちろんそれぞれの良さがあります。 弊社は『屋根屋さん』ですので陶器瓦だけにこだわる訳ではありませんが、昔から引き継がれる瓦の風景は残していきたいと思っています。修繕を通し『やっぱり屋根は瓦がいいね』と言って頂ける日まで、少しでも信頼回復に務めていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
その他 · 2019/02/28
(一社)全日本瓦工事業連盟 青年部の総会に出席させて頂きました。埼玉県の副部長として参加させて頂いているのですが、本当に毎年熱い議論が飛び交い刺激になります。他県に比べまだまだ「瓦」や「屋根」に関する本当の事が一般の方に周知できていないPR不足を感じます。個人的な考えですが、きちんとした技能を有した職人だからこそ現場での経験やこのような総会を通し、全国で得た情報を一般の方に向けて上手く発信していければと思います。また一年後もこの席に座っていられるよう頑張ります!m(__)m 右の画像は『瓦でできたアクセサリー』です。もっと瓦を身近に感じてもらいたいという思いから淡路島の方が制作しています。勿論身に着けてもらうものですが、飾っておいても様になるのが『瓦』の風合いですね!もし興味がある方がおられましたらお問い合わせ下さい。
屋根工事 · 2019/02/19
工務店さんからのご依頼で棟部の漆喰工事を行わせて頂きました。お客様からのご依頼理由は「訪問営業が何度もきてうるさいからとりあえず綺麗にして欲しい」というもの(汗)複雑な気持ちにさせられる工事理由でしたが、ご依頼頂いたからには全力でお応え致します!大々的な改修は必要ではないという事でしたので、漆喰の剥離が必要な箇所は下地調整を行い、必要でない箇所は既存の漆喰の上から接着力が強めに配合された漆喰をお化粧直しのように施工させて頂きました。瓦のマロン色の鮮やかさと、漆喰の白のコントラストが綺麗に仕上がったと思います。(^^)
その他 · 2019/02/09
建設業の許可の更新を経てやっと「産業廃棄物収集運搬業」の許可がおりました。工事に関係する廃材は産業廃棄物の扱いになりますので、本来であれば現場から「葺き替え工事」等で解体した瓦等を運搬する際には許可が必要です。取得されていない工事業者の方も少なくなく、お客様にはわからない事ですが、こういった事を一つ一つやっていく事が会社としての信頼に繋がっていけば良いなと思います。(^^)
その他 · 2019/01/29
弊社ではお客様のお住まいの屋根について少しでも知って頂けるようサンプルを展示しています。瓦と一言で言っても「陶器」「セメント」「金属」等様々な種類や形状があります。軽量な金属瓦が流行ですが、実際手に取ってみて頂くと「やっぱり陶器瓦にして欲しい」というお客様もおられます。金属には金属、陶器には陶器の長所と短所がございます。修繕につきましてもまずはご自分のお住まいの屋根に何が葺かれているか知っていただく良い機会にになればと思います。屋根に葺いてしまうとなかなか触れる機会がありませんので、お問い合わせの上お気軽にお立ちより下さい(^^)

さらに表示する