お知らせ · 2019/07/14
梅雨の時期に入り、雨漏りによるお住まいの不安を煽り、工事を急かすような勧誘が確認されております。
お知らせ · 2019/07/05
坂戸市内や比企郡エリアで訪問によるリフォーム営業が確認されています。
お知らせ · 2019/06/21
秩父で行われました、建築士会さん主催の「青年建築士会協議会 埼玉大会」にブース出展させて頂きました。
お知らせ · 2019/06/02
㋄24.25日東京都で行われました「一社 全日本瓦工事業連盟総会」に出席させて頂きました。
お知らせ · 2019/05/01
今日から令和元年、株式会社 杉本商事は変わらず地域のお住まいを守って行きますで、どうぞ宜しくお願い致します!
お知らせ · 2019/04/30
本日で平成最後!あいにくの雨と曇天。雨が止めば今度は強風、なかなか思うように工事が進みませんが、安全第一、お天気商売な所もありますので仕方ありません。「平成」の間多くのお客様の屋根の修理や点検に伺いましたが、「令和」の時代になっても真っ直ぐに地域の皆様の屋根に向き合っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!m(__)m
お知らせ · 2019/04/10
事前の告知をする事が出来ませんでしたが、6日(土)、7日(日)と西武瓦工事業組合の継続事業となります、『所沢市民文化フェア』に参加させて頂きました。今年は桜が開花してからの気温が低かったおかげで、当日も満開の絶好のお花見日和でした! 小さいお子様にはヨーヨー釣りや瓦の塗り絵、販売としては瓦のコースター等を販売させて頂きました。2日間天気にも恵まれ、例年よりも来場されている方も多いように感じました。勿論「瓦の上を歩いてみよう」もご好評頂き、足を止めて近くで瓦を見て頂ける方も。こういったイベントを通し、瓦や屋根に少しでも興味を持って頂けるようにこれからも組合員一同頑張っていきたいと思います。m(__)m
お知らせ · 2019/04/03
埼玉県から『埼玉県経営革新計画承認企業』としての承認を頂きました。「経営革新計画」というと会社経営の健全化!のように大げさなイメージですが、弊社がこの計画に取り組もうと考えたのは「どのように一般の方に屋根の事を知ってもらえばよいか」という事を自己満足で終わらせず客観的な視点から考える必要があると思ったからです。 取り組み内容といしては、先ずは『屋根の見えない分からない』を第一に解決させて頂く為、瓦屋根診断技士という資格を活かし、屋根点検報告書や写真等を元にお客様自身の目でお住まいの屋根を知っていただく事。次に「屋根屋さん」という職業を知って頂く為、産業まつり等地域のイベントに参加させて頂き展示などを行い、屋根を知って頂く事です。他にも細かい所を挙げれば沢山あるのですが、簡単に言えば「もっと屋根をそして瓦を身近に感じてもらう取り組み」になるかと思います。 弊社の屋根に対する取り組みが『経営革新計画』として『埼玉県』に無事承認して頂く事ができましたので、より一層の責任を持ち『地域の屋根工事』にあたらせて頂ければと思います。
屋根工事 · 2019/03/22
本日は風災により飛散してしまったテラス屋根の交換工事を行わせて頂きました。施工前の屋根は塩ビ素材なので経年による劣化が激しい状態でしたが、新しい屋根材はポリカーボネート素材なのでとても丈夫です。機動隊の方が持っている透明な盾等が同素材かと思います。よく止付けフックだけ折れて無くなってしまっているのを見かけますが、弊社施工の場合は止付けフックも同素材で施工させて頂きますので、耐久性もバッチリです(^^)/
お知らせ · 2019/03/11
東日本大震災から今日で8年になります。『瓦屋根の安心と信頼』を失ってからもう8年。組合活動、会社組織としてのPR、さまざまな活動を通し風評被害などで生まれた誤解をどこまで解く事ができたでしょうか?実際被災された方のお話を聞くと確かに『瓦は危ない』と受け取られても致し方ない所もあるかと思います。実際このきっかけがなければ自分も根拠のない安全を信じ施工し続けていたかもしれません。しかし何かあったとき施工上の諸事情が原因であるにも関わらず、『瓦が悪い』とされてしまう事がとても残念です。現在の施工法は地震に強いし、瓦の重さは家の耐震性には大きな影響は無い。陶器瓦や金属瓦、それぞれに長所と短所があり、もちろんそれぞれの良さがあります。 弊社は『屋根屋さん』ですので陶器瓦だけにこだわる訳ではありませんが、昔から引き継がれる瓦の風景は残していきたいと思っています。修繕を通し『やっぱり屋根は瓦がいいね』と言って頂ける日まで、少しでも信頼回復に務めていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

さらに表示する